「ペアレント・メンター」のこと

2019年9月3日

ペアレント・メンターとは、自らも発達障がいのある子を育てた経験があり、傾聴や発達がいの基礎知識などの一定の学びをして活動している親(養育者)を指します。同じ親(養育者)だからこその視点・思いを大切にしながら、今の迷いや不安やお悩みについて、一緒に考えていきたいと思っています。

『ペアレント・メンターあだち』のペアレント・メンターは、足立区よりペアレント・メンター事業を委託されている一般社団法人ねっとワーキングに所属しています。

特定非営利活動法人日本ペレント・メンター研究会主催のペアレント・メンター養成講座(ベーシック)を受講修了して、傾聴の心構えや発達障がい全般について学び、その後も、定期的なフォローアップ研修などで学びを深めています。

また、区内で活動してきた親の会や、障がい児の活動するサークル、地域の療育機関等による推薦を受けている方にご登録していただいています。子育ては、ゴールや正解はありません。それぞれの困りごと、日々の課題に悩む養育者の思いに柔軟に共感的にお話しを聴かせていただけるように、ペアレント・メンター自身も学びを続けております。